2018年問題 労働契約法

2016/11/07
2018年4月


労働契約法が改正施行され、契約社員でも5年間を超えて契約更新した場合は本人に希望により

無期雇用へ転換しなけいればならない。


このルールで初めて適用時期が来るのが2018年4月です。


多数のパート社員を無期雇用するのか? 契約社員を無期雇用するのか?

外国人を無期雇用するのか?

正社員との制度区分はどうするのか?  

様々な対応が必要ですが、概ね以下の様にわかれるようです。


①大手企業 無期用しない

②中小企業 無期雇用する

③介護等 今後も長きにわたり人材が必要な業種は無期雇用

④製造等 人員の変動が必要な業種は無期雇用しない


①と②はなぜわかれるのか?

それは大手企業は解雇できない 中小企業は実態として解雇している・・・からですね。

同じ法の元ですが現実です。


国の方針としていわゆる非正規労働者を減らし正社員を増やしたい・・・


正社員等の無期雇用労働者の解雇制限減の緩和!

これしかありません。

これができれば、正社員は大幅に増えます!!!!!

高度成長期時代の産物はもう変えるべきではないでしょうか。

――――

人事制度は会社の業績を変える http://www.sap-c.com


change.jpg
スポンサーサイト
comment (0) @ ご提案

製造メーカー様専用 工場ワーカー人材 採用手法のご案内

2016/02/17
idea.jpg

製造メーカー様専用

工場ワーカー人材 採用手法のご案内

派遣会社へ依頼しても必要な人材数を確保できない・・・または確保できるかどうかわからない・・・

↓こちらからご覧ください。

http://www.sap-c.co.jp/documents/20160217saiyou.pdf



sap.gif


人材ビジネス専門コンサル企業
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp




comment (0) @ ご提案

中小派遣会社が大手に勝てない大きな理由!

2015/05/13
sap.gif


人材派遣業界はご承知の通り空前の採用難です。

採用できない!が業界では挨拶のようになっていますね。

そしてどんどん大手集約が進んでいます。

大手によるM&Aや、様々な投資ができるから・・・と上辺は見えます。

確かにそれも1つの要因ですが、実は大手ほど専門特化しています。

業種、職種、求人者層、地域、業界、・・・・

全部あわせて総合人材ビジネス会社です。

そして中小は、いまだに、総合人材ビジネス会社の看板の元、いわゆる何でも屋の

派遣会社がたくさん・・・

ラーメンがメニューにあるお店にフランス料理を食べに行きますか?

成熟した産業は必ず細分化、専門化されます。

そこに専門性が生まれ特徴が生まれ、そしてレベルも向上する。サービスも向上する。

そんな会社へ求職者は応募、登録します。

人手不足の中、何でも屋さんもオーダーはもらえます。・・・が、

ラーメンのあるフランス料理の様に、決しておいしくありません。

要するに売上になりません。

大手は、

株式会社・・・・。 ・・・・事業部 や社内カンパニー 子会社化等々で全て専門特化。

なのに中小が、同じ担当者がどんな職種も、どんな求職者も、、、

更に限られた予算・・・無理です。

何かにフォーカスする事は一見、マーケットを小さくしているようで不安になりますが、

勇気を持って取り組まれることを強くお勧めいたします。

人材ビジネス専門コンサルティング 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

お気軽にお問い合わせ下さい!

中小派遣会社社長様へ!


comment (0) @ ご提案