人材派遣料金、人手不足で上昇続く 未経験採用で平均時給は下落

2017/09/19
zousyuu.jpg

人材派遣料金、人手不足で上昇続く 未経験採用で平均時給は下落

 日経新聞
 
人材派遣会社が顧客企業から受け取る人材派遣料金は10~12月期も上昇が続きそうだ。事務職や営業、販売・サービスを中心に幅広い分野で人手不足が続いている。企業が間接部門の人員を増やしたり、長時間労働是正のために正社員が担っていた業務の一部を切り出して派遣社員に任せたりする動きが広がっている。事務職ではキャリア開発が進み、スキルを上げていくことで時給を引き上げる動きも拡大している。

 求人情報大手のエン・ジャパンが発表した6月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東、東海、関西)で前年同月比1.9%(30円)低い1,524円だった。前年同月を下回るのは9カ月連続。時給が低めの医療・介護の分野で求人案件が増加した。

 業種別ではIT(情報技術)系が同2%安い2,038円となった。CAD(コンピューターによる設計)オペレーターやテスト要員などで未経験者の採用が増えた。ビッグデータを扱うエンジニア職でも未経験者にデータ抽出などの下流業務を任せるといった分業が進んでいる。

就業者のボリュームが大きいオフィスワーク系は同1.6%高い1,532円と、3カ月連続で過去最高額を更新した。医療・介護や教育の分野でも、資格を持つ正職員の業務を切り分けて資格のない人を活用する動きが進んでいる。

時給が低い未経験者や無資格者の募集が増えたことから全体の平均時給は下がっているが、経験者の派遣料金は堅調に推移している。

-----
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif


スポンサーサイト
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!

働き方改革関連法(派遣法含む) 同一労働同一賃金による派遣ビジネスへの影響

2017/09/12
img79.jpg


働き方改革関連法(派遣法含む) 同一労働同一賃金による派遣ビジネスへの影響

派遣法を含む以下の働き方改革関連法案が諮問されました。

こと派遣法にフォーカスしてみれば、求められている派遣先企業の同一業務従業員との同一労働同一賃金。

派遣先より派遣業務従事者の平均賃金等を通知、基づき給与設定。または大手中小との格差是正等もあり
厚労省の定める職種別平均的賃金以上による派遣会社内での賃金に関する労使協定の何れかの選択制。
更には能力、成果等による昇給制度も求めています。

上記選択の後者を選択する会社が多いと思われる中で、ここで記載したいのは派遣先規模による変化です。
そもそも主たる派遣活用目的の異なる大手と中小。前者は雇用リスクの回避、後者は労働力の確保。

労使協定を選択した場合、特に後者を主たるクライアントとする中小派遣会社には影響が懸念されます。
業種別平均賃金以上の支払いを求められながら概ね大手より安い賃金の中小企業への派遣は益々利益率の
下落が想定されます。

従来 大手企業用のビジネスモデルであった労働者派遣が中小にも浸透してきましたが、今後益々大手企業モデルの
派遣事業へ移行せざるをえなくなると思われます。

そして近い将来導入されるであろう金銭解雇。

そうなると・・・違うビジネスモデルの人材ビジネスが台頭することは言うまでもありません。

※以下 ご参考記事の中小企業の1年間猶予は派遣法には適用されない見込みです。

同一労働同一賃金 関連 改正法案 諮問 原文 (労基法 派遣法等々)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000176894.pdf


――― ご参考記事―――――――――――――

19年に同一労働同一賃金、中小は1年猶予 厚労省要綱

日経新聞

 厚生労働省は8日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)に働き方改革の関連法案の要綱を諮った。施行日は原則2019年度としたものの、中小企業は同一労働同一賃金制度の適用に1年間の猶予を設ける。中小は労務管理の態勢が弱く、一斉導入は困難と判断した。

 労働条件分科会で、労働基準法や労働者派遣法など計8本の法律の改正案の要綱を示した。働いた時間でなく成果で評価する脱時間給制度は連合の修正案を全て反映した。来週中にも法案要綱をまとめ、9月下旬にも召集する臨時国会に一括法案として提出する。

 脱時間給制度や残業時間の上限規制、同じ仕事には同じ賃金を支払う同一労働同一賃金は、原則19年4月に施行し、中小企業は派遣を除き、同一賃金の適用を1年見送る。

 中小からは賃金規定の見直しなど、対応に時間が掛かると懸念する声が上がっていたことに配慮したためだ。大企業と適用がずれることで、下請けに負担を転嫁するといった圧力が強まる恐れもある。

 脱時間給では、連合が唱える「働く人の健康確保」を強化する案を採用した。対象となる高収入の専門職は労働時間の規制から外れるが、「年104日以上の休日確保の義務化」など新たな対応策が採られた。

 事実上青天井で延ばせる残業時間には、特例の上限として年間720時間などの規制を設けることを法律に明記。同一賃金制度は有期やパート、派遣社員について正社員との不合理な格差を認めないことを定める。政府が3月に策定した働き方改革の実行計画に沿った内容となった。

――――
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!

働き方改革関連法案~改正派遣法抜粋 (諮問)

2017/09/11
働き方改革関連法案~改正派遣法抜粋 (諮問)

http://www.sap-c.co.jp/documents/201709111.pdf


人材ビジネス専門コンサルティング 株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www/sap-c.co.jp


sappp.jpg

comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!

脱時間給、連合案全て採用 厚労省案

2017/09/07
170331changes.jpg

脱時間給、連合案全て採用 厚労省案

日経新聞

 厚生労働省が働き方改革関連法案の全体像を固めた。時間でなく成果で評価する脱時間給制度では、長時間労働の是正に向け、休日確保の義務付けなど連合が求めた修正案を全て受け入れる。残業時間の上限規制や正規と非正規の不合理な待遇差をなくす「同一労働同一賃金」の導入などとあわせ、秋の臨時国会に関連法案を一本化して提出、原則2019年4月の施行を目指す。

 厚労省は8日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で法案の要綱案を示す。脱時間給を巡っては、連合の神津里季生会長が7月、安倍晋三首相に脱時間給などの政府案の修正を要請。要請後に再び反対姿勢に転じたが、厚労省は連合案の採用を決めた。

 脱時間給は高収入の一部専門職を対象に労働時間の規制から外す仕組み。新たな法律では「年104日以上の休日確保」を義務付ける。(1)労働時間の上限設定(2)(退社から出社までの間に一定の休息をとる)勤務間インターバル(3)2週間連続休暇などから、労使が選択できるようにする。

 いずれも連合案に沿った対応。実現すればアナリストなど年収の高い専門職は好きな時間に働ける。働き過ぎを防ぐ手立ては必要だが、自由な働き方で今までにない成果が期待される。
 
残業については年間や月間の労働時間に上限を設け、繁忙期も月100時間未満とする。同一賃金は基本給や手当の水準をそろえるなどとした骨格を固め、国の運用ルールなどの詳細は法案成立後に検討する。中小企業の割増賃金引き上げは22年度に実施する方向だ。

 厚労省は連合案の採用で実現に前進させたい考え。だが、脱時間給などに対する野党の反発は強く、国会審議は難航必至だ。中小企業には改革への対応が間に合わないとの懸念もある。厚労省は同一賃金の開始に経過措置を設ける案も練る。

――――
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


lp.png
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!

事務作業も自動化進む  第一生命やオリックス、「ロボ」ソフトで労働時間削減

2017/09/04
Ai2.jpg


事務作業も自動化進む  第一生命やオリックス、「ロボ」ソフトで労働時間削減

日経新聞

 オフィスの作業を自動化するソフトウエアが日本で浸透し始めた。データ入力など人手に頼っていた単純作業を自動的に処理することからロボットと呼ばれ、第一生命保険は最大で150人相当の業務を代替する。人手不足の深刻化や働き方改革で労働時間の削減を急ぐ大手企業が次々に導入している。生産性を引き上げて、貴重な人材を顧客対応や企画部門に厚く配置する動きにつながりそうだ。

 パソコンを使った定型的な繰り返し作業を担うのが「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ばれるソフト。米オートメーションエニウェアや英ユーアイパスなど欧米企業が先行し、2年ほど前から日本企業で利用が広がり始めた。

 紙ベースのデータを光学式文字読み取り装置(OCR)で読み取ってデジタル情報として基幹システムに入力したり、ウェブの画面から数値をコピーしてエクセルにペーストしたりするような作業を担う。あらかじめ操作を設定しておけば、検索やデータの取得、入力、確認などの作業を人間と同じ手順で処理する。

 オリックスグループは10月末からRPAで担う仕事を増やす。これまでレンタカーの予約情報を基幹システムに登録する業務で使用してきた。外部の旅行サイトなどから受け付けると目視で確認して入力し直す必要があり煩雑な作業が伴った。

 RPAでは時間当たりの処理件数が人手に比べ8倍になり、ミスもなくなったという。この結果を受け、生命保険や不動産などグループ各社が導入を予定する。これまでの子会社1社から全社にRPAの利用を広げる。

 第一生命は試験的に使っていたRPAを10月から本格稼働する。社内で自動化に切り替える作業を募り2千以上、年間30万時間分の業務が候補に挙がった。従業員150人分に相当する。可能な業務から順次、RPAのソフトで代替していく。

 例えば保険金請求の処理業務を担当する社員を決める割り振りに使う。疾病や事故の内容によってスキルの程度を含めて対応する社員をあらかじめ分類し、自動的に仕事を振り分ける。人手で年間1000時間かかる作業を代替する見込み。

 日本RPA協会の調査ではRPA利用企業の97%で適用した業務の処理時間が半分以下になった。KPMGコンサルティングは単純作業に従事する労働力を4~7割減らせるとみている。

 電通も年末までに300の業務でRPAを導入する。自動化により月間で5万8千時間分の労働時間の削減を目指す。既に各種メディアの視聴率のデータを取得、入力する業務に使用済み。長時間労働問題を受けて進める働き方改革の一環として活用範囲を広げる。

 日本の時間あたり労働生産性は経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国中20位で、かねて単純作業の見直しが必要と指摘されてきた。RPAソフトの機能が上がるのと並行して働き方改革の機運も高まり、関心を示す企業が増えた。単純作業を減らせば生産性は上がり、働く意欲の向上も見込める。第一生命は営業や海外事業などの部門に再配置したい考えだ。

 米調査会社トラクティカによると、ソフト利用や関連コンサルなど世界のRPA市場は2025年に51億ドル(約5600億円)と16年の30倍以上に増える。仕事が効率よく進み、企業のコストが下がるとの期待が高まる一方、25年までに世界で1億人の知的労働者の仕事がRPAに置き換わるとの試算もある。

 RPAは作業内容を社内で誰かが把握していないと、データの取得先のフォーマットが変わるなど環境が変化した場合も従来と同じやり方で作業を続け、業務が混乱する恐れがある。ソフトバンクはRPAソフトに操作を設定する人員や使用している業務を一元的に把握して、RPAに仕事を任せきりにしないよう管理している。

―――――――――――
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!