ランスタッド、物流施設テナント企業向けに人手確保サービス、人手不足に対応

2018/02/02
large-dc01ae2035bb6bb3deed1864d20794c9.jpg


ランスタッド、物流施設テナント企業向けに人手確保サービス、人手不足に対応

2018/2/1 日経新聞

人材サービスのランスタッド(東京・千代田)は物流施設に入居するテナント企業向けに人手を確保する新たな取り組みを始める。物流施設のオナー企業と組んで、人材紹介や人材派遣、採用代行から労務管理まで幅広いサービスを提供する。人手確保に懸念を抱くテナント企業を支援することで、入居を促す狙い。

 香港系投資会社傘下の物流施設大手ESR(東京・港)と業務提携した。2019年1月に開く千葉県市川市の大型物流施設でまずサービス提供を始める。入居するテナント企業から人材紹介や採用代行、人材派遣、労務管理、採用代行などの業務を受託する。

 ランスタッドは同施設内に支店も開設し、テナント企業の繁閑に応じて人材の短期派遣などきめ細かな人材サービスを提供する。同施設には運輸業や通販業などが数社入居する見込みで、全体で2500人前後の雇用があるとみられる。

 インターネット通販の成長に伴い大型物流施設の開設が相次いでいることに加え、労働市場全体に人手不足感が強い中で肉体労働が多く厳しいイメージの物流業界の人手確保も難しくなっている。

日本で開業予定を含み17棟を運営するESRはランスタッドと組むことで、テナントを誘致しやすくなると見込む。ランスタッドは新サービスで物流関連企業との取引を増やしたい考えだ。

-------------------

人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!

UT、3年連続最高益 今期最終6割増 製造業派遣が好調

2018/02/02
cfd9c0aa9c5ffda7b8cc24e4e50165f2_original.jpg


UT、3年連続最高益 今期最終6割増 製造業派遣が好調

2018/2/2日経新聞

人材派遣を手掛けるUTグループの2018年3月期の連結純利益は前期比6割増の33億円程度になりそうだ。従来予想(38%増の28億円)を約5億円上回り、3年連続で過去最高を更新する。人手不足を背景に、完成車メーカーやスマートフォン向けの電子部品メーカーへの人材派遣が伸びる。

 売上高は4割増の820億円程度になる見通し。従来予想(22%増の700億円)を120億円上回る。17年3月に買収した同業の収益が通年で加わるのも貢献する。

 UTは製造業関連の専門知識や技術を持つ社員を多く抱える。電子部品メーカーの増産などで人手が足りなくなる中、まとまった人数を派遣してほしいとの顧客ニーズは高い。

 17年4~12月期の決算発表は8日に予定する。4~12月期の売上高は前年同期比4割増の600億円程度、純利益は4割増の22億円程度になったもよう。同日に18年3月期通期の業績予想を上方修正する公算が大きい。

--------------------

人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif




comment (0) @ 派遣業界ニュース