派遣労働者の雇用契約みなし制度 直ちに適用

2015/05/20
派遣労働者の雇用契約みなし制度 直ちに適用

NHK

nayamu.jpg


企業が派遣労働者を違法な状態で働かせた場合、雇用契約を申し込んだとみなし、派遣労働者を直接雇うことを義務づけた新たな制度について、厚生労働省は、ことし10月の制度の開始時点で違法な状態であれば、ただちに適用されるという解釈を示しました。
この制度は、派遣労働者の雇用を守るためとして違法な状態で派遣労働者を働かせた企業に対して、直接雇用することを義務づけていて、ことし10月1日に施行されます。
派遣が禁止された港湾運送や建設の業務に従事させたり、派遣可能な期間を超えて働かせたりした場合などに、派遣労働者が求めれば受け入れ先の企業が契約社員などとして、雇用契約を申し込んだとみなします。
厚生労働省は18日開かれた審議会で、この制度について経過措置の期間は設けず、ことし10月1日の時点で違法な状態であれば、ただちに雇用契約を申し込んだとみなすという解釈を示しました。
この制度を巡っては、今の労働者派遣法では業務ごとに派遣可能な期間が異なるなど、違法状態かどうかが分かりにくいという指摘があり、業務ごとの派遣期間の制限を撤廃し、1人の派遣労働者の働ける期間を原則3年までとする労働者派遣法の改正案が国会で審議されています。

------------------

派遣事業専門コンサル会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

中小派遣会社社長様へ!

中小派遣会社はこうやって生き残る!




スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
30日以内の派遣を禁止する「日雇い派遣禁止」に「見直しと疑問」8割 | 有料職業紹介事業者に対する有料職業紹介事業停止命令及び改善命令

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する