局長が不適切資料配布認める 厚労省、派遣法で民主党議員に

2015/05/20
mhlw2.gif

局長が不適切資料配布認める 厚労省、派遣法で民主党議員に

 厚生労働省の生田正之職業安定局長は19日、民主党の厚労部門会議で、労働者派遣法改正案が成立しないと大量の派遣労働者が失業するとした不適切な資料を自ら民主党議員に配ったことを認めた。これまで資料を議員に配布したかどうか記憶がないと国会で答弁していた。民主党は引き続き追及する構えだ。

 資料は、改正案が成立しないまま10月を迎えると大量の派遣労働者が失業するとして早期成立を訴える内容で、担当課が議員への説明のために作成した。民主党から虚偽だと批判を受け、塩崎恭久厚労相が「表現が適切でない」として陳謝している。

2015/05/19 【共同通信】

---------------

中小派遣会社社長様へ!

中小派遣会社はこうやって生き残る!



スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
人手不足解消へ多様な人材の活用促進を――中小白書 | 30日以内の派遣を禁止する「日雇い派遣禁止」に「見直しと疑問」8割

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する