労働契約申込みみなし制度 10.1

2015/05/25
人材ビジネス業界の方なら皆様ご存知の、

労働契約申し込むみなし制度!

いよいよ10月1日施行です。

内容はご承知の方も多いと思いますので割愛しますが、

簡単に言いますと、施行された10月1日現在で、不適切な人材派遣等を行い

また、受け入れている場合は、派遣先であれば、当該派遣社員に直接雇用契約を申し込んだもの

としてみなす!という制度です。

関連し改正派遣が議論されていますが、特に懸念されるのは、政令業務の適正の是非、そして

いわゆる偽装請負による実質派遣、の2つが一番多いのではないでしょうか?

そのうち現在国会審議中の改正派遣法が成立施行されれば、前者は何とかクリアできるかもしれませんが、

後者の偽装請負はどうにもなりません。

改善しなければ、この新しい制度が適用されそこで勤務する従業員を直接雇用しなければならなくなります。

念のためですが、このルールはもはや施行が決定しているものです。

そして受託者側は、その受託業務を失う事となります、、。

もし懸念されるような状況がございましたらお気軽にご相談ください。

人材ビジネス専門コンサルティング会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

sap.gif


スポンサーサイト
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!
多様な働き方を受け入れる派遣法に | 労働者派遣法改正案 与野党が議論

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する