派遣業界 再編加速!?

2015/06/24
派遣業界 再編加速!?

既にご承知の通り、先日改正派遣法が衆議院で可決し参議院で審議ですね。

また国会も大幅に延長され仮に参議院で野党が審議を伸ばしても衆議院の再可決で

成立可能な状況となりました。

一気に、成立後の対応に走り出した感の業界状況ですね。

特に変更される、政令業務の廃止や、抵触日の変更は直接直近の事業に影響し

雇用にも影響します。

専ら気になるのは、この新法施行前後の移行ルールではないでしょうか?

おそらく細かい運用規定である、政省令や運用規定、取扱要領は8月くらいになり

その後の対応では間に合わない事もあるでしょう。

更にこの採用難の時期に報道等での不安による派遣社員の退職等は多くな打撃と

なりますね。

既に、派遣会社の一部では派遣社員への不安の払拭、派遣先への想定説明により

その対策をされております。

例えば、抵触日!

例えば、現在締結の派遣契約が今年の12月末が抵触日の場合、新法9月1日施行の場合

どうなるのか??

新法施行後、締結された派遣契約書から個人3年の抵触日が適用されますので、

そのまま何も対応しなければ原契約書通り12末で抵触日を迎えます。

仮に、施行後、10月に再締結したら・・・等


そして、一部報道では、この改正により派遣会社のリスクや負担が増加し

業界再編が一気に進む!との内容も散見されます。

さらにM&A会社では、今が売り時!というようなお話でアプローチも多いようです。


派遣会社にとっては、ドキッとする記事です。

現場では薄々感じながら・・・でもまさか!?

が本音ではないでしょうか?


義務化される様々な対応、当然コスト増となります。

新法が改正されても採用難は変わりません。

弊社へも、様々なご相談が増えております。

正に、今が変わらなければならない最後のチャンスかもしれません。



――――――――――――――――

人材ビジネス専門コンサルティング 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

中小派遣会社はこうやって生き残る!
中小派遣会社社長様へ!
人事制度は会社の業績を変える!


sap.gif









スポンサーサイト
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!
世の中の変化 雇用の変化 | 派遣会社負担増、再編加速か「事業売却を迫られる」 改正法案が衆院通過

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する