妊娠後の降格など「マタハラ」…厚労省が通達

2015/01/26

妊娠後の降格など「マタハラ」…厚労省が通達

読売新聞 1月23日(金)

 妊娠や出産などを理由とした職場での嫌がらせ、マタニティー・ハラスメント(マタハラ)を防止するため、厚生労働省は23日付で全国の労働局に通達を出し、企業への指導を厳格化するよう指示した。

 通達は、女性が妊娠、出産したり、育休を取得したりしてから近い時期に企業が雇い止めや降格などをすると、原則として男女雇用機会均等法などで禁止するマタハラにあたるとする内容だ。これまでは、企業が女性に不利益な扱いをしても、マタハラにあたるかどうかの明確な判断基準がなく、抜け道になっていた。
.
専門コンサルティング 株式会社ソリューションアンドパートナーズ
スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
介護、一定の日本語力を 外国人技能実習で要件 厚労省中間報告 | 派遣労働者の厚生年金加入拡大へ 厚労省

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する