派遣先の使用者性認めず 中労委が救済申立てを棄却

2016/02/16
ck.gif


派遣先の使用者性認めず 中労委が救済申立てを棄却

【労働新聞】

 中央労働委員会(諏訪康雄会長)は、精密機器工場で派遣労働者として働いていた外国人12人が所属する合同労組が、雇用問題に関する団体交渉申入れに派遣先が応じなかったとして救済を求めた紛争で、派遣先は団交に応じる義務がある労働組合法上の使用者に当たらないと判断し、労組の申立てを棄却した。派遣先は、雇用管理のうち各組合員の工場内での就業場所を決定するなど配置に関する影響力を行使していたが、採用や雇用の終了の面で、使用者と同視できる程度の支配力を行使していないとした。…

――――――――――――――――――――

人材ビジネス専門コンサル企業
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp

人材ビジネス経営者様へ
http://www.sap-c.co.jp/lp


sap.gif
スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
日雇い派遣原則禁止見直しを政府に要望 経団連 | 女性に優しく工場カイゼン 自動車業界、人手不足に危機感

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する