「同一労働同一賃金」実現へ首相が法改正方針(派遣法等)

2016/02/24
「同一労働同一賃金」実現へ首相が法改正方針

2016年02月24日 読売新聞

安倍首相は23日、正規・非正規の雇用形態の違いだけで賃金格差を設けない「同一労働同一賃金」の

実現に向け、労働者派遣法などの改正を目指す方針を表明した。

首相官邸で開かれた「1億総活躍国民会議」で、「躊躇ちゅうちょなく法改正の準備を進めていく」と強調した。

首相は、近く法律家などの有識者会議を設置し、認められる賃金格差の具体的事例を明示する

ガイドライン(指針)を制定することも明らかにした。

政府としては、ガイドラインで企業の対応が混乱しないように配慮する一方、

法改正によって非正規労働者の待遇改善を確実に実現したい考えとみられる。


syuugiinn.jpg


人材ビジネス専門コンサル企業
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp



sap2015.jpg
スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
再就職支援金、リストラ支援の人材会社は指導へ 厚労相 | 弊社 移転のお知らせ(3月1日)

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する