昨年6月、派遣労働者134万人 7年ぶり増加

2016/03/31
昨年6月、派遣労働者134万人 7年ぶり増加

厚生労働省は31日、2015年6月1日時点での派遣労働者数は前年同時期よりも6・7%増え、約134万人だったと発表した。近年は減少傾向だったが、08年以来7年ぶりに増加した。厚労省の担当者は「景気の回復に伴って仕事が増え、企業による派遣の利用が活発になったとみられる」と分析している。

 通訳や機械設計などの専門業務で働く人は10・6%増の約54万人。製造業務は11・1%増の約30万人、事務や営業といったその他の業務は0・4%増の49万人だった。

(共同通信)

――――――――

★上記の各数字に届かない企業様は何らかの対策が必要ではないでしょうか?

人材ビジネス専門コンサルティング企業
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


3.png
スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
「残業80時間」監視強化 厚労省が対策班設置 全国の労働局と連携 | 残業80時間で立ち入り調査 対象、300万人に拡大

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する