非正規に昇給制度…同一労働同一賃金で自民原案

2016/04/07
非正規に昇給制度…同一労働同一賃金で自民原案

2016年04月07日 読売新聞

 正規・非正規の雇用形態の違いだけを理由とした賃金格差をなくす「同一労働同一賃金」の実現を目指し、自民党が政府に提出する提言の原案が明らかになった。

 パート、派遣など非正規労働者について、「昇給制度の導入」「手当・福利厚生の格差是正」「最低賃金の引き上げ」などを目指し、ガイドライン(指針)の作成や法整備を進めるべきだとの考えを盛り込んだ。正社員との賃金格差を欧州並みにすることも掲げた。
 原案では、パートの定期昇給を実施する事業所が27・8%に過ぎないとし、正社員並みに昇給制度の導入を進めることが必要と指摘した。パートへの通勤手当の支給が65・1%にとどまるなど、手当・福利厚生の格差も是正するべきだとしたほか、最低賃金は2020年頃までに全国平均1000円への引き上げを実現させる必要があると記した。

■人材ビジネス専門コンサルティング企業
株式会社ソリューション アンド パートナーズ
http://www.sap-c.co.jp
*お試しスポットコンサルティング
http://www.sap-c.co.jp/images/spotadvice.pdf


■お問合せ
http://www.sap-c.co.jp/#contact


HP画像1


スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
約600社に派遣事業廃止命令 厚労省 | 改正派遣法 Q&A 第2集

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する