契約社員に手当不支給は違法=会社に支払い命じる―大阪高裁

2016/07/27
契約社員に手当不支給は違法=会社に支払い命じる―大阪高裁

時事通信

 運送会社で契約社員のトラック運転手として働く男性が、正社員に支払われる手当などとの差額分計約578万円を会社に求めた訴訟の控訴審判決が26日、大阪高裁であった。

 池田光宏裁判長は一審大津地裁彦根支部判決を変更し、一部の手当の不支給は労働契約法に違反するとして77万円の支払いを命じた。
 訴えていたのは運送会社「ハマキョウレックス」(本社浜松市)彦根支店に勤務する池田正彦さん(54)。2008年10月から6カ月ごとに同社と契約更新している。

 池田裁判長は、正社員と仕事内容に大きな違いはないとした上で、一審が認めた通勤手当に加えて、無事故手当や給食手当についても「正社員との違いは不合理」と判断。改正労働契約法が施行された13年4月以降の差額を損害と認めた。

----

人材ビジネス専門コンサルティング http://www.sap-c.co.jp

人事制度は業績を変える! 昭和の美徳は平成の犯罪 http://www.sap-c.com


sap.gif

スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
有効求人倍率 全都道府県で初めて1倍超える | 派遣各社、無期雇用広がる テンプHDなどIT技術者採用増

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する