外国人技能実習生受け入れ、違反が過去最多 死亡事故も

2016/08/17
外国人技能実習生受け入れ、違反が過去最多 死亡事故も


 日本で働きながら技術を学んでもらう外国人技能実習生の受け入れ企業で、昨年1年間に違法な時間外労働や賃金不払いなどの労働基準関係法令の違反が見つかったのは3695事業場で、前年より718件増えた。増加は2年連続で、記録をさかのぼれる2003年以降では最多だった。

 厚生労働省が16日に発表した。労働局や労働基準監督署が、受け入れ企業に監督指導に入った件数は前年より約1・3倍増の5173件で、うち7割以上で違反が見つかった。違法に残業をさせるなど労働時間に関わる違反が1169件、安全措置が講じられていない機械を使わせたなどの違反が1076件と多かった。

 指導をしても改善が見られなかったり、死亡事故が起きたりしたため企業を送検した件数は同約1・8倍増の46件で、こちらも03年以降で最多だった。中には事業主が監督指導に対し虚偽の賃金台帳を示して割増賃金の不払いを隠したり、フォークリフトを無資格で運転させて死亡させたりする悪質な事例もあった。

 来日する実習生の数は15年末で約19万2千人と増加傾向にある。実習生に不当な労働条件を課すケースも増えている実態が浮き彫りになった。(河合達郎)

朝日新聞

----

人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp

人材ビジネス経営者様へ
http://www.sap-c.co.jp/lp


why.jpg
スポンサーサイト
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!
アウトソシン、20年12月までにROE30%へ上げ | 女性の管理職比率12%――厚労省・平成27年度雇用均等調査

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する