「就職」が「離職」上回る 3年連続、厚労省調査 

2016/08/25
「就職」が「離職」上回る 3年連続、厚労省調査                      

 共同通信


 厚生労働省が24日発表した2015年の雇用動向調査によると、労働者のうち就職や転職で新たに仕事に就いた人の割合を示す「入職率」は16.3%、退職や解雇で仕事を辞めた人の割合「離職率」は15.0%だった。入職率が離職率を上回るのは3年連続で、景気回復や人手不足から企業の積極的な採用が続いているとみられる。

 前年と比べると入職率は1.0ポイント、離職率は0.5ポイントそれぞれ低下。厚労省は「パートなどで働き始める人が減った一方、時給が上がって辞めなくなったことが影響し、動きが少なくなった」と分析した。

-----
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif


スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
働き方改革へ組織改編 厚労省「雇用環境局」新設 「子ども家庭局」も | <最低賃金>時給、初の800円台 16年度全国改定

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する