うつ理由解雇の差し戻し審、東芝に6千万円賠償命令 

2016/09/01
うつ理由解雇の差し戻し審、東芝に6千万円賠償命令 

  朝日新聞

 過重労働が原因でうつ病になったのに不当に解雇されたとして、東芝(東京都港区)社員の重光由美さん(50)が同社に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の差し戻し後の控訴審判決が31日、東京高裁であった。奥田正昭裁判長は、差し戻し前の高裁判決が認めた賠償額を増額し、東芝に約6千万円の支払いを命じた。

 判決によると、埼玉県深谷市の工場で働いていた重光さんは2001年にうつ病を発症して休職し、04年に解雇された。重光さんが訴えた解雇無効については、差し戻し前の11年の高裁判決で確定。ただ高裁判決は、重光さんが発症を同社に申告しなかったことなどを理由に、賠償額の2割を減額した。

 賠償額をめぐる争いで、最高裁は14年にこの高裁判決を破棄し、改めて賠償額を判断するよう審理を差し戻していた。この日の判決は、重光さんの落ち度を理由とする減額を認めなかった。


-----

人事制度は会社の業績を変える! 昭和の美徳は平成の犯罪!
http://www.sap-c.com

人材ビジネス専門コンサルティング
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif
スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
パート時給、秋に急上昇 社会保険の適用拡大、最低賃金上げ重なる | ハーバード大学図書館

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する