派遣会社 商品の変化

2016/11/04
change.jpg


みなさま こんにちは。

すっかり寒くなりました・・・。

さて最近の派遣業界関連ニュースはこちらからご確認ください。

http://www.sap-c.co.jp/documents/SAPML201611.pdf

さて最近の業界の動きでは、事務系大手各社の無期雇用派遣サービスがまた1つ追加されました。

*スタッフサービスのミラエール

*リクルートスタッフイングのキャリアウインク

*アデコのキャリアシード

に続いて今回、

★マンパワーグループのエムシャイン!

https://www.manpowerjobnet.com/lp/m-shine/#anc04

各社コンセプトはほぼ類似しているように思います。

採用難から来る雇用環境の変化、関係法の対応等から来るものだと思われます。

世の中の変化に適応するためのSERVICEです。

派遣事業は、派遣先企業のニーズ 求職者のニーズ

そして関係する各種法律の交わるところで行うビジネスです。

1つとして外れてしまえばビジネスとして成り立ちません。

派遣先の要望だけ、求職者の要望だけ、ましてや法違反などは論外です。

世の中が変われば商品も変えなければなりません。

給与だけの問題ではありません。

そして空前の売手市場の中、求職者だけが売り手市場では派遣会社も運営できません。

当然 その一部を派遣先とシェアし派遣先も変わっていただかなければなりません。

上記のような雇用責任が大きくなる無期雇用派遣、派遣契約条件が従来の登録型派遣と同じであってはいずれしわ寄せが来ます。

きっちり派遣先との交渉ができているかどうか。

今や、昔のように派遣先からのオーダーをそのまま受けて売り上げとなる環境にはありませんね。

まさにお伺い営業から提案型営業への脱皮が必要です。

派遣料金だけではありません。

今後は今まで以上に営業社員をはじめとした運営側社員の
レベルアップが必要ではないでしょうか。

今回はもう一つ・・・

商品です。人が商品だなんて・・・ないです。

商品はシステムです。このシステムをどう作るか!にもかかっています。

先日あるテレビ番組で日本の急成長企業10社の紹介を行っていました。

様々な業種がありましたが、全社に共通点がありました。

それは、

ターゲットを絞り込めるだけ絞り込んでいるのです。

この絞り込んだ1つの商品が部署や会社、商品名となっています。

大手はこの商品がたくさんあるだけです。

派遣業界も全く同じ。

もう、小規模の派遣会社に総合人材サービスはありません。。。

―――――
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


lp.png
スポンサーサイト
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!
労働基準監督官、増員へ…電通の過労自殺受け | 定年再雇用後の賃金減額に「合理性」 原告側が逆転敗訴

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する