政府発表の同一労働同一賃金ガイドライン案 労働者派遣事業関係箇所

2017/01/19
政府発表の同一労働同一賃金ガイドライン案  労働者派遣事業関係箇所

以下の通りです。

派遣元事業者は、派遣先の労働者と職務内容、職務内容・配置の変更範囲、その他の事情が同一である派遣労働者に対し
その派遣先の労働者と同一の賃金の支給、福利厚生、教育訓練の実施をしなければならない。
また、職務内容、職務内容・配置の変更範囲、その他の事情に一定の違いがある場合において、その相違に応じた賃金の
支給、福利厚生、教育訓練の実施をしなければならない。


――――
大手企業を中心に派遣活用の是非、方法等の議論が開始されており、骨抜きになる可能性もとの一部報道もありますが
一般的な雇用形態よりも厳格な運営が求めれる派遣事業に係る雇用に関しては、様々な影響が予想されます。

――――
お気軽にご相談ください。
人材ビジネス専門コンサルティング 株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp

sappp.jpg


スポンサーサイト
comment (0) @ 人材ビジネス会社経営のヒント!
残業、月60~80時間を上限 罰則設け順守促す | 介護、外国人実習生300人超 学研など主要5社受け入れ 人手不足の緩和期待

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する