入社初日から有給休暇を 法改正提言へ

2017/01/27
規制改革部会
入社初日から有給休暇を 法改正提言へ

毎日新聞

政府の規制改革推進会議の人材作業部会は24日、有給休暇を勤務開始日から取得できるようにすることを会社に義務づけるよう労働基準法を改正すべきだとの意見をまとめた。近く推進会議で正式に決定し、厚生労働省に提言する。  現行法では「使用者は6カ月継続勤務した労働者に対して10日の有給休暇を与えなければならない」と規定しており、会社は入社半年未満の社員に対し、有給休暇を与えなくてもよい。作業部会は「就職したての労働者が不利に扱われている。転職への阻害要因にもなっている」と指摘し、見直しが必要と判断した。【真野敏幸】


-----
人材ビジネス専門コンサルティング
http://www.sap-c.co.jp
人事制度は会社の業績を変える!
http://www.sap-c.com

株式会社ソリューションアンドパートナーズ


sap.gif
スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
人手不足 シニア、外国人活躍 定年後再雇用/実習生受け入れ | 外国人労働者、初の100万人 昨年、留学生などが増加

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する