「ブラック企業」をネットで監視 厚労省、長時間労働を是正

2015/01/07
「ブラック企業」をネットで監視 厚労省、長時間労働を是正
2015/1/6 23:45 情報元 日本経済新聞 電子版

 厚生労働省は1月からインターネット上の求人情報の監視を始めた。給与が業界平均より大幅に高い会社や、頻繁に求人を出している会社を探す。情報を偽って集めた社員を酷使する「ブラック企業」と疑われる場合は、労働基準監督署が立ち入り調査する。違法企業を摘発する業務をより効率的にする狙いだ。

 厚労省は民間企業が運営する求人サイトや、ハローワークのホームページの求人情報を点検し、ブラック企業と疑わしい事例を洗い出している。一定の効果が出れば、将来はネットの匿名掲示板も巡回し、内部告発とみられる書き込みも参考情報として集める見通しだ。

 労働基準監督署は企業を訪れて帳簿を調べ、違法な長時間労働や残業代の不払いがないかを確かめている。違反があれば是正を勧告する。ただ、人員に限りがあるため、実際に立ち入りができるのはごく一部の企業だ。ネット上の情報を使うことで、法違反が疑われる企業を選んで重点的に訪問できるようになる。

専門コンサル会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ


スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
厚労省、ハローワークでブラック企業の「求人お断り」検討 | 中小派遣会社 社長様へ!

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する