派遣社員 無期雇用に パソナやヒューマンHD

2017/08/17
1c5eb4baacb01a3ab69b696ce2d87a4f.jpg


派遣社員 無期雇用に パソナやヒューマンHD

日経新聞 

パソナやヒューマンホールディングスなど人材派遣会社が相次ぎ派遣社員を無期雇用契約に切り替える。勤続年数5年超の有期雇用契約の社員は、2018年4月から無期雇用を会社側に申し入れることができるようになる。人手不足や働き方改革の加速で人材派遣需要が堅調ななか、貴重な人材を囲い込むことで競争力につなげる。

 パソナは専門職として派遣する社員の対象職種を、17年度中に8職種から20職種に拡大する。来春に勤続年数が5年を超える対象職種の派遣社員は最大で約5千人。希望者は無期雇用契約に変更する。時給制から月給制となり、スキルに応じて昇給できる。すでに対象となる派遣社員への説明会を開始した。

 パソナの専門職派遣は従来、貿易関連や秘書などだけだった。サイバーセキュリティーやデジタルマーケティングといったIT(情報技術)関連の領域の派遣社員も対象に加える。

 13年4月施行の改正労働契約法に基づき、18年4月から、勤続年数が5年を超える有期雇用契約の労働者は無期雇用の申し入れができるようになる。

 人材派遣分野では技術者派遣などを除き、大半の派遣社員が有期雇用だ。派遣社員を無期で直接雇用すると、派遣会社は派遣先企業が切り替わる際の待機時などに社員の給料を負担する必要が生じる可能性がある。

ただ、深刻な人手不足が続く中、派遣社員の需要は堅調であるため、社員の希望に応じて人材を確保することが競争力強化につながると各社は判断したようだ。

 ヒューマンホールディングス傘下で派遣業務を手掛けるヒューマンリソシア(東京・新宿)は、一般事務の派遣社員を無期雇用契約に切り替える。現時点では職務や地域の限定はしない予定。18年4月時点で最大700人が切り替えの対象となる。

 アデコ(東京・港)も専門部署「キャリア推進室」を設置。秋をメドに就業規則を見直し、対象となる社員を職務か地域を限定する社員として雇用する方針だ。ウィルグループは販売職の派遣社員を無期雇用契約に切り替える。時給制から月給制に変更するほか、賞与も設ける。10月から派遣社員との面談を開始し、希望を聞く。

―――――――――――
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif
スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
ネオキャリア 45歳以上に限定した派遣サービス | 人材ビジネス ビジネスモデル新聞報道!

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する