使える戦力は主婦 パート雇用争奪戦激化

2017/09/06
hotode.jpg


使える戦力は主婦 パート雇用争奪戦激化

毎日新聞

マックは仕事体験会 ファミマは社長登壇の採用説明会

 人手不足が深刻化する中、外食大手やコンビニ各社が主婦向けの採用策を次々と打ち出している。日本マクドナルドは5日、主婦の採用につなげるための仕事体験会を全国で開始。大手コンビニのファミリーマートも今月、社長自らが登壇する主婦向けの採用説明会を初めて開催する。セブン-イレブン・ジャパンも今秋に店舗内保育所を新設する予定で、パート雇用の主戦力となる主婦の争奪戦が激化している。

日本マクドナルドは5日、子供の夏休みが終わり主婦の生活時間が変わる今の時期に関心を持ってもらおうと、「主婦向けクルー(従業員)体験会」を初めて開始した。全国の約2900店舗でハンバーガー作りや接客を1回30分で体験する。
 同社の店舗従業員は約13万人で、うち2割を主婦が占める。同社の長敦子人事本部長は同日、報道陣に対し、「マクドナルドは若い人の職場というイメージが強い。週1回2時間からの短時間勤務や柔軟なシフトなど、主婦が働きやすい環境をアピールし数万人の採用を確保したい」と話した。

 同日は東京都中野区の店舗で体験会が行われ、11人が参加した。杉並区に住む55歳の主婦は「出産を機に仕事を辞め、ブランクが長いため働くことに不安がある。マニュアルが分かりやすく研修制度もしっかりしていたので、私にもできそうだ」と話していた。
 外食業界では、主婦の採用を重視している。大手牛丼チェーン「すき家」などを展開するゼンショーホールディングスは2015年から従業員向けの保育所を設置し、茨城県内の2カ所で運営、年中無休で利用できる。同社は今後も保育所を増やしていく方針だ。
 一方、同じくパート従業員が店舗運営に不可欠な大手コンビニ各社も、主婦にターゲットを当てた採用活動を展開する。ファミリーマートは今月、首都圏で沢田貴司社長が登壇する主婦向け採用説明会を初めて開催する。求人情報誌や従業員からの紹介などで参加者を募り、沢田社長が仕事内容を説明して採用をアピールする。社長が採用説明会に出席するのは異例だという。同社は現在、20万人いる店舗従業員のうち4分の1が主婦で、社長出席の説明会でさらに10万人の採用を目指す。
 セブン-イレブンは東京都大田区と広島市の店舗2階に今秋、店舗従業員向けに保育所を開設し、子育て中の人が働きやすい環境を整え採用増を狙う。また、ローソンは業務を簡素化して働きやすくしようと、大手コンビニでは初めてとなる自動釣り銭機を11月から導入予定だ。

 厚生労働省が8月29日に発表した7月の有効求人倍率(季節調整値)は、5カ月連続で上昇し前月比0.01ポイント上がって1.52倍を記録。全国的に人手不足が顕著になっており、特に外食産業や小売業では人手の確保が急務になっている。【今村茜】

有効求人倍率

 有効求人倍率は求職者1人当たりの求人数を示す値で、雇用の動きを示す指標。倍率が1を上回れば企業が求める採用が多く、1を下回れば仕事を探している人が多い状態を示す。4カ月以上勤務する「常用労働者」全体の有効求人倍率は、2015年は1.08倍だったが16年は1・22倍に上昇。コンビニやハンバーガー店の従業員を含む商品販売業は2.01倍と、求職者1人あたり2人分の求人がある。
 背景には人口減少に伴う人手不足問題があり、各社は主婦や高齢者、外国人の積極採用を進めている。特に主婦は結婚や妊娠を機に仕事を辞めた人が多く、潜在的な労働力は315万人に上ると言われる。

------
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sap.gif





スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
脱時間給、連合案全て採用 厚労省案 | 事務作業も自動化進む  第一生命やオリックス、「ロボ」ソフトで労働時間削減

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する