FC2ブログ

会社員の給与所得控除見直し議論 政府税調

2017/10/24
img79.jpg


会社員の給与所得控除見直し議論 政府税調

10月23日 NHKニューズ

政府の税制調査会は23日に総会を開き、会社員などの所得税を計算するとき、収入の一定額を経費と見なして税額を少なくする「給与所得控除」について議論しました。財務省は働き方が多様化している中で、会社員だけが恩恵を受ける仕組みは時代に合わなくなってきているとして、見直しを提案しました。

「給与所得控除」は、会社員などの所得税を計算するときに、給料の一定額は仕事用のスーツの購入などに充てられる経費と見なして、収入から差し引き、税額を少なくする仕組みです。

23日の総会で、財務省はインターネットなどを通じて企業から仕事を請け負って会社で働く自営業のエンジニアなどが増えているものの、会社員でないため「給与所得控除」が適用されないことなどを報告しました。

そのうえで、財務省は働き方が多様化している中、会社員だけが恩恵を受ける仕組みは時代に合わなくなってきているとして、給与収入が高い人を中心に「給与所得控除」を縮小し、会社員でない人も控除を受けることができる仕組みに見直すべきだと提案しました。

このほか、年金所得に対する控除について、財務省は年金以外で多額の収入がある高齢者に対しては、控除を縮小してもいいのではないかと提案し、今後、検討していくことを確認しました。
いずれの見直しも収入の高い人の税の負担を引き上げる方向の見直しで、政府税制調査会では、来月中旬ごろに検討の結果を報告書にまとめる方針です。

----------------
人材ビジネス専門コンサルティング
http://www.sap-c.co.jp

人事制度は会社の業績を変える!
http://www.sap-c.com


sap.gif
スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
魚の加工技術に特化した人材紹介・派遣サービス『さかな人材バンク』が好調 業界初!”魚加工スキルの規格化”を実現、人材の最適なマッチングが可能に | 雇用新ルール、期待と不安 賃金や待遇 改善なるか 勤続5年で無期契約に 2018年春始動

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する