求人倍率、1.55倍に上昇=43年9カ月ぶり高水準―10月

2017/12/01
39281207_s-304x214.jpg


求人倍率、1.55倍に上昇=43年9カ月ぶり高水準―10月

12/1(金)時事通信

 厚生労働省が1日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.03ポイント上昇の1.55倍となり、4カ月ぶりに上昇した。1974年1月以来、43年9カ月ぶりの高水準。景気のゆるやかな回復を背景に、製造業を中心に幅広い産業で求人が増えたことが寄与した。

 総務省が同日発表した労働力調査によると、10月の完全失業率(同)は2.8%で、5カ月連続で同水準だった。同省は「雇用情勢は着実に改善している」(労働力人口統計室)とみている。

 求人倍率は、ハローワークに申し込んだ求職者1人当たりの求人数。9月まで3カ月連続で1.52倍の横ばいが続いていた。10月は求人数が1%増、求職者は0.5%減だった。業種別の新規求人数は、自動車や住宅関連を中心とする製造業に加え、人手不足が続く医療、福祉で大幅に増加した。 

―――――――――――
人材ビジネス専門コンサルティング
株式会社ソリューションアンドパートナーズ
http://www.sap-c.co.jp


sappp.jpg


スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
年末年始休暇のお知らせ | 事務派遣、最大3割値上げ「無期」転換で待遇改善

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する