パート向け窓口義務化 企業に4月から、福利厚生など相談

2015/03/12

パート向け窓口義務化 企業に4月から、福利厚生など相談
日経新聞

 厚生労働省は4月からパート労働者などを雇う企業に相談窓口の設置を義務付ける。企業の人事担当者などがパートの福利厚生や給与といった待遇の相談に応じる。企業は相談員として外部の専門家を雇ったり、人材サービス会社に相談業務を委託したりすることもできる。

 相談窓口を使えるのは労働時間が正社員よりも短いパート労働者で、契約社員でも労働時間が正社員と同じ人は対象に含まない。

 厚労省は企業がパートなどを雇うときに、正社員への転換制度の状況やパートが受けられる研修について説明することも義務付ける。正社員を目指す人にキャリア向上の意識を高めてもらう。

 週35時間未満で働くパート労働者は、2014年時点で1651万人いる。前年より83万人増え、全雇用者の3割を占める。パート労働者の1時間あたりの所定内給与額は、正社員の56.6%にとどまる。

人材ビジネス専門コンサルティング 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

 中小派遣会社社長様へ!

 人事制度は業績を変える!



スポンサーサイト
comment (0) @ 派遣業界ニュース
人材ビジネス現場 低額・実務相談窓口サービスのお知らせ | 人材紹介、東南アで強化 パソナやJAC系 日系企業の需要増見込む

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する