労働時間規制 1日8時間・週40時間が原則

2015/01/08
労働時間規制 1日8時間・週40時間が原則
2015/1/8 2:00 情報元 日本経済新聞 電子版

▽…日本は働く時間の上限を原則1日8時間、週40時間と法律で決めている。企業はこれを超えて働いた社員に残業代を払い、長く働くほど賃金が増える。もともとは働く時間と成果が比例しやすい工場労働者を想定した規制だった。今は企画や開発など時間ではなくアイデアで勝負する仕事も多い。残業するほど賃金が増える規制は時代にそぐわないとして、段階的に見直しが進んでいる。

▽…今回の厚生労働省の改革案は高年収の専門職の労働時間規制を外す。残業代や夜間・休日手当はなくなるが、基本給を上乗せして、同じ成果を出せば今までと同じ賃金をもらえるようにする。働く時間を自由に決める裁量労働制は、システム会社や金融機関で顧客の要望に応じて商品を提案する営業職と、会社全体の品質管理の担当者も新たに対象に加える。

▽…出社と退社の時間をずらせる「フレックスタイム制」も広げる。これまでは1カ月の範囲内で働く時間の帳尻を合わせる必要があったが、これを3カ月に延ばす。忙しいときはたくさん働いて、育児や介護など家庭が忙しいときは働く時間を短くできる。


専門コンサル会社 株式会社ソリューションアンドパートナーズ

中小企業の現状打破
スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
金沢で観光ヘルパー事業 人材派遣のメディカルブレーン | 「年収1075万円以上」で調整=新労働時間制度―厚労省

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する