妊娠・出産・復職後、1年以内に降格は「違法」 厚労省

2015/03/31
zangyou.jpg


妊娠・出産・復職後、1年以内に降格は「違法」 厚労省

朝日新聞

 妊娠や出産を理由にした嫌がらせであるマタニティーハラスメントをめぐり、厚生労働省は30日、妊娠や出産、復職などから1年以内の降格や契約打ち切りなどの不利益な取り扱いは、原則として男女雇用機会均等法などに違反すると判断することを決め、公表した。マタハラをめぐる指導が厳しくなることで、企業は対策を迫られそうだ。

 企業はたとえ「本人の能力が低い」などの理由をつけても、妊娠や出産、復職から1年以内は、社員にとって不利益な取り扱いは違法とされる。妊娠前から能力不足について指摘がされ、機会もあったのに改善の見込みがない場合などを例外として示した。

 今回の決定のきっかけは、昨年10月の最高裁判決だ。妊娠中に負担の少ない業務に移ったことをきっかけに降格させることは原則違法だとした。
------------------------------------------------------------------------------------------------

法律改正、規制もさることながら、現実的には、超高齢化社会突入! 労働人口の確実な減少! 若年層の

希望職種と現実求人のミスマッチ! 有効求人倍率の高止まり状態!

この環境は今後も変わる事はありません。

過去のような会社運営、人事制度ではもはや社内人手不足は無論、会社の業績にも影響を及ぼしかねません。

子供を産み育てる社員、介護が必要な家族を抱える社員、定年退職者、女性、しゅふ・・・等々が

現実的に活躍できる社内体制、人事制度が今後の企業運営には欠かせません。

社員は残業が当たりまえ! 業界的にやむを得ない! それががんばる事だ!なんていう過去の考えは

もはや会社をおかしくしてしまいます!

人事制度は会社の業績を変える!お気軽にご相談ください。.

スポンサーサイト
comment (0) @ 雇用関連ニュース
4月6日(月)~10日(金)の弊社へのご連絡等について | 請負スタッフ300人を無期雇用契約に 川相商事

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する